Pelan-Pelan




love Thailand
2009 Thailand






 Title → スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

 Title → 時間とともに・・・

2012/11/11(日) 21:21:38



今日は11日
あの震災から1年と8カ月が経ちました
突然、失った日々の生活
失ったかけがえのない命
まだまだ心の傷が癒えていない方もたくさんいらっしゃるかと思います

震災後からたくさんの方のご協力のもと
微力ながらも支援活動を続けさせて頂いてますが
今、私たちにできることの1つは
「震災を風化させないこと」
そう思っています

支援のカタチも時間とともに変わってきました
私は自分の心に自信がなくて
未だに被災地に訪れることができていません
それでも、何かできることは無いかと今も支援活動を
続けさせてもらっています

地震、津波で家や家族を失った方々
そして福島原発事故で大変な思いをされている方が
今もなおたくさんいらっしゃいます

今回、ベトナムへ旅をした際
宿泊先のホテルスタッフとその友達の方と
震災の話しもしました

「Akiの家は大丈夫だったのか?家族、友達も大丈夫だったのか?」
そんな風に心配してくれた異国の人たち
バリ島でも感じた温かさです

そしてスタッフの友達から
「Akiの住んでいる所は福島から近いのか?」
と、聞かれドキッとしました
これが現実なのです

北海道に住んでいること、
北海道の場所は日本のここだと言うこと
を地図を見せながら説明しました

「広島はどこだ?」「長崎はどこだ?」

「広島・長崎の原爆」と「福島の原発事故」は
彼らにとって同じ「被ばく」の恐怖なのです

私は脱原発を願っています
それはあの原発事故後から変わっていません
そして、その後の放射能汚染問題についても
心を痛めている1人です

時間とともに色んな意見があるかと思います
私は気をつけてほしい、一緒に脱原発を願って欲しい
そう思っていました
今もその気持ちに変わりがありませんが

その人、その人の判断にジャッチをすることは
できないと思っています

事故後、放射能汚染の影響を考へ移住する人
放射能を測定し、気にしながらも移住せずに生活を続けている人
政府が発表する放射能想定値を目安に生活する人もいれば
放射能汚染が限りなくゼロに近い食品を選んで生活をする人もいる

その全ては個人の判断の上でのことであり
それに「良」も「悪」も言うことはできない・・・

避難を決めた人には、その情報とその道を
移住せずに住み続ける人には、その情報とその道を
食品の放射能汚染を限りなくゼロにしたい人には、その情報とその道を
政府の発表する食品の測定値を目安に生活する人には、その情報とその道を


ただし、その全てにおいて目をそらすことなく
耳をふさぐことなく判断してほしいと心から願っています
そして、個人個人が決めた判断を閉ざすことだけありませんように




判断し決断できるのは大人であり
子どもや動物の判断は私たち大人にかかっていることを
忘れてはいけないと思っています


震災後、様々なことで心に傷をおってしまった方の
心が少しでも穏やかに癒されることを心より祈っています

*achi*

スポンサーサイト
日々 | TB : 0 | CM : 0 |

奇跡の?ジャスミン茶(笑)HOME「まる」のこと☆

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://achipe.blog133.fc2.com/tb.php/319-99bf586f


HOME
Copyright © 2017 Pelan-Pelan, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。